カリフォルニアの本と虫

ロサンゼルス生活の日記だったけど、今は大阪にいます。

2018-12-02から1日間の記事一覧

砂漠について

ロサンゼルス近郊の野山で遊ぶようになって分かったのは、乾燥地には乾燥地なりの命の輝きがあるということだ。 日本語の世界では「緑が多い」というフレーズには自然が豊かだというニュアンスが付与されており、その対極に「死の砂漠」といった表現がある。…