カリフォルニアの本と虫

ロサンゼルス駐在の日記です。2017年10月から

2018年に読んだもの振り返り②『日本語が亡びるとき』

  今年読んだものセレクション第二弾は、水村美苗日本語が亡びるとき』。ここ数年ちょこちょこかじってきた文化論の中でも、いちばん心揺さぶられた。感情を動かされたのは小説家としての著者の腕によるかもしれないが、別にセンチメンタルな叙述に終始するわけではなく、本を貫く論理立てはあくまで学者のそれである。

 古来、文明の周縁国において「知」へのアクセスを望む人間は、必然的に二重言語使用者にならなければならなかったという指摘がスリリングだ。人々は母語とは別に、ラテン語や漢語を身に着けなければ、それら文明語の「図書館」に独占された普遍知へはたどりけなかったのである。そこには文化相対主義以前の、言語と言語の上下関係が厳然としていた。

 生活言語である母語がそのまま「国語」を意味し、その自国語で学問ができ、詩や小説が書けて読める、そんなことは上述の人類史的な観点から見れば大変特異な事態で、二十世紀の国民国家がもたらした偶然の果実に過ぎないと著者は言う。そしてその偶然の果実は、明治以来「いかに書くか」について真剣に格闘してきた人々の努力の上に花開いたのが、日本近代文学だったと。

 現在(この本が最初に出版されたのは2008年)、英語という覇権語のもとに知の一元化が急速に進んでいるが、これは国民国家と国語の特殊な蜜月関係が終わりつつあることと表裏一体の現象であり、英語の読み書きができないと全人類的な「知の図書館」にアクセスできないということは、むしろ数千年来の知のあり方に沿っているとも言える。

 こうした流れの中で、英語教育の必要性が叫ばれるが、グローバルな「知の図書館」に出入りするために本当に必要な水準の読み書き能力はなまなかなことでは身につかない。平等主義で全国民同じように英語が話せるようになることを目的にしていては、真の二重言語使用者は育たないというのが著者の悲観だ。二重言語を十全に使いこなす人間は、一部のエリート教育に任せて、一般の公教育としてはやはりまず国語教育を充実させて、二十世紀の奇跡のような日本文学の達成を引き継がねばならないという、ほとんど絶望しながらの唯一の希望を示して本書は終わっている。

 出版された当初、梅田望夫がこの本のことを「日本人ならみな読むべき」と評したらしいが、もしかしたらそれも言い過ぎではないかもしれないというくらい、これからの日本をどうしていくのかという問題と、日本語をどうしていくのかという問題は密接に絡みついているのだ。そんなことを教えてくれる本だ。

 「書き言葉」と「話し言葉」はぜんぜん違うという指摘、すなわち、世界知へのアクセスの観点から英語の読み書きが必要なときに、おしゃべりの練習をしていてもしょうがない、というような話もめちゃくちゃ刺激的なのだが、これについて書くとまた長くなるのと、ちゃんと説明する自信がないのとで、興味があればぜひ自分で読んでいただきたい。なお、「増補」された部分がとても面白いので、これから読む方は「増補」版を入手することを強く勧めたい。

 

たぶん続く。