カリフォルニアの本と虫

ロサンゼルス駐在の日記です。2017年10月から

【観た】甲鉄城のカバネリ

 アニメ「甲鉄城のカバネリ」を観た。アマゾンプライムビデオでanimationと検索すると必ず出てくるやつ。絵面がおどろおどろしいのと、英語版だと「KABANERI」というタイトルが「ハバネロ」みたいでニュアンスがよく分からなくて後回しにしていたが、観てみたら面白かった。ゾンビと侍とでっかい機関車と変な銃と戦闘美少女が、淀みない脚本に沿って悩んだり血しぶきを上げたりする。主人公の少年が半ゾンビで、主人公の割に血色がすごい悪いというのが新鮮だった。

 最初にアニメとして製作された作品で、漫画原作をテレビの尺に無理に合わせたような違和感もなくすいすい視聴できる。悪く言えばうまくできすぎていて感情移入する隙がないが、家事をしながらでも筋が終えるのはやはり物語として良くできているが故だろう。今年の春に続編が映画として公開予定らしい。アメリカにも回ってくると嬉しい。

 

 我ながらアメリカ生活に全然関係ないエントリになってしまったが、一人暮らしの気晴らしにアマプラで日本のアニメは大変ちょうどいいのである。評判の連続ドラマとかも観たいのだけど、英語の作品はテレビに張り付いてないと何が起きてるのか分からなくなってしまうんだよな・・・。でも次は当てずっぽうで何か手を出してみようかな。