カリフォルニアの本と虫

ロサンゼルス駐在の日記です。2017年10月から

新習慣

 こわ、と思う。

 筋トレの話である。年末から筋トレを続けている。毎日続けてもうひと月半ほどになる。何年もトレーニングをしていなかったので、体を驚かせないように最初はミニマムに始めることにした。腕立て伏せや腹筋、背筋などの基本動作を「20回ずつ20日」続けることにして、冷蔵庫に貼ったメモ用紙に記録していった。始めて何日かは20回でもヒーコラ言っていたが、ネトフリ見ながら騙し騙し、20日経つ頃にはなんとかこなせるようになった。

 そのあと間を置かず「30回×30日」のフェイズに突入した。あと一週間ほどでそれも難なく達成できそうだ。部屋の目立つところに記録用紙を掲げたことで習慣づけに成功し、激しい眠気や風邪にも妨げられず続いている。

 当初の目論見ではこのあと「40回×40日」「50回×50日」とステップアップしていくつもりだった。無理なく続けて、年末あたりにベスト体重とそこそこの筋肉を獲得していたら良いなあというくらいの想定だ。

 そもそものモチベーションは、去年テント山行に初挑戦した際にあまりに荷物が重くて往生したことに端を発する。そのとき感じた「重い贅肉を減らしてかつ筋力上げたらもっと楽に登れるのでは」という思いが嵩じてトレーニングを始めてみる気になった。今のところ、三日坊主にもならず、どこか痛めることもなく、思い描いた通りに楽しく続けている。

 こわ、と思うのは、そういう「無理のないペース」に満足しない自分が見え隠れし始めていることである。30回やればよいと自分で決めたのに、元気な時は回数を足してみたり、おまけの動作を入れてみたり、している。「独房トレーニング」などという物騒なキーワードを検索したり、している。過去の経験からして、調子こいて関節を痛めるのはこういうタイミングだ。

 私のようなインドアで怠惰な人間を強制的にポジティブなアクションへいざなっていく筋トレの効果、心底おそろしい。鏡の前で自分の裸を撮ってSNSにアップするのも時間の問題だ。

 

 正直言って腹筋は割りたい。どうせなら効率的に脂肪を燃やしたい。敏捷かつスタミナのある体を手に入れたい。(今の自分が消えていく・・・)